Menu

ブログ

Home

ブログ

ブログ

見学ではなく観学

2019/06/12

こんにちは!あなたの暮らしに幸せをプラス!
久留米で無垢材をふんだんに使って新築からリノベーションまで
手がけていますhouse plus+ 代表の田中崇浩です。


最近この言葉を意識するようになりました。


この言葉は、「日々のことば本田宗一郎「夢」の日めくり
カレンダーの中に書いてあり、当社でもトイレに掲げています。

この言葉、本当に「そうだな」と日々感じています。

「普通に見る」のと「真剣に見る」のでは、記憶の残り方も違うし、
次の行動も全然違ってきます。

特に私たちのような建築の仕事では、
「見て」「触って」「感じる」ことで木のぬくもりや
木の活かし方が変わってきます。

真剣に、木の特徴を理解し、適材適所使っていけば
家は長持ちします。

しかし、ただ「見る」だけではどうしても
木は同じものにしか見えません。

昔から言われている言葉で、
間違った木を使うと“木違い(きちがい)”と
言っていました。

これは大工さんの言葉です。
間違った木を使うとどうしても長持ちしません。

しっかりと「観察」することで木の樹種の違いや特徴
木の活かし方がわかってきます。

それを最近はこの仕事をしながら痛感します。 house plus+は本物の自然素材で 理想の住まいを実現する久留米の地域密着工務店です。  お気軽に資料請求してください。

house plus+
福岡県久留米市御井町1736-1
tel:0942-27-6202 fax:0942-27-6203

ご相談・お見積もりは無料です。
定期的に相談会も開いていますので、
お気軽にご連絡ください。
このページ先頭へ